生理用品の種類と選び方【定番紙ナプキンだけじゃない?】

生理の日ってちょっと憂鬱ですよね。

「ナプキンがむれて気持ち悪いなあ…」

「かぶれて肌がヒリヒリする!」

「今日量が多いけど、大丈夫かな?」

こんなブルーな気持ちで生理の日を過ごしている方も多いのではないでしょうか。

生理で不快な思いをしている方は、ひょっとすると生理用品が自分に合っていないという可能性があります。

自分に合った生理用品を使用するだけで、生理の日を少しでも快適にすることができます。

日本では「生理用品=紙ナプキン」というイメージが強いですが、実は生理用品は紙ナプキン以外にもたくさんあります。

今回は、生理用品の種類と選び方について詳しく解説していきたいと思います。

 

生理用品の種類

今回は4つの生理用品をご紹介します。

 

紙ナプキン

紙ナプキン 

    紙ナプキンの特徴

      1番スタンダードな生理用品です。

      生理用品といえば真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

      バリエーション豊かで、

      • 普通の日用
      • 多い日用
      • 夜の日用

      など、様々な大きさのものが販売されています。

      また、

      • 羽つき
      • 羽なし
      • ショーツタイプ

      と、形も様々です。

      コンビニやスーパー、ドラッグストアなど多くの場所で販売されているため、いつでもどこでも気軽に手に入れることができる生理用品です。

       

        紙ナプキンの使い方

          直接ショーツに貼り付けて使用します。

          吸水性のある素材でできているので、経血を吸収してくれます。

          羽つきタイプであれば、ショーツのクロッチ部分を包み込むように羽を貼り付けましょう。

          使用後は経血部分が見えないように折り畳み、トイレに備え付けられているサニタリーボックスに捨てましょう。

           

            こんな時におすすめ

              気軽に使用できるので日常使いにおすすめです。

              経血量やその日の予定に合わせて、ぴったりのタイプを使用しましょう。

              また、出先で急に生理が来てしまった時などに急いでコンビニに駆け込んで購入することもできますね。

              「寝ている間にナプキンからもれて布団を汚さないか心配…」

              という方には、安心のショーツタイプがおすすめです。

               

              布ナプキン

               

                布ナプキンの特徴

                  名前の通り、布でできているナプキンです。

                  オーガニックコットンなどの肌に優しい素材でできているので、生理でありがちな肌かぶれを避けることができます。

                  また、繰り返し使用できるため環境にも優しいアイテムです。

                  使用後は繰り返し使用するために、洗浄する必要があります。

                  多くのメリットがあることから、紙ナプキンから布ナプキンに乗り換える女性も増えてきています。

                   

                    布ナプキンの使い方

                      基本的な使い方は紙ナプキンと同じで、ショーツにつけて使用します。

                      両サイドのスナップボタンを、ショーツのクロッチ部分を挟んで留めることで装着完了です。

                      使用後は洗浄するために持ち帰る必要があります。

                      洗浄はめんどくさいというイメージがありますが、意外と簡単です。

                      まず経血を落とすために、予洗いをした後洗剤でつけ置きをします。

                      半日ほどつけ置きをすると、経血はほとんどきれいに落ちます。

                      つけ置き後は洗濯機か手洗いで洗濯してください。

                       

                        こんな時におすすめ

                          紙ナプキンのようにストックを心配する必要がないので、日常使いにおすすめです。

                          普通サイズと大きいサイズがあるので、経血量が多い日でも使用できます。

                          紙ナプキンと比べると洗う分の手間はかかりますが、慣れてしまえばどうってことのない作業です。

                          肌がかぶれやすく生理の日が憂鬱な方や、紙ナプキンの化学繊維を避けたい方におすすめの生理用品です。

                          また、生理のたびに出る大量のゴミを減らすことで環境に配慮したいという方にもおすすめです。

                           

                          タンポン

                          タンポン

                            タンポンの特徴

                              タンポンは長さ10cm位の棒状の生理用品です。

                              直接膣内に挿入して使用します。

                              慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、慣れたら簡単に挿入できます。

                              意外と異物感もなく、使用していることを忘れてしまうほど快適に過ごすことができます。

                               

                                タンポンの使い方

                                  トイレの便座に座ったまま足を開き、挿入しましょう。

                                  力が入ると挿入が難しくなるので、リラックスしましょう。

                                  使用後はトイレットペーパーなどで丁寧に包んでサニタリーボックスに捨てましょう。

                                  ナプキン同様トイレに流すことはできません。

                                   

                                    こんな時におすすめ

                                      タンポンは直接膣内で経血を吸収してくれるので、漏れの心配が少なくなります。

                                      そのため、経血量が多い日の使用がおすすめです。

                                      また、経血量が多い日の方が摩擦が少なくなり挿入もスムーズです。

                                      反対に、経血量が少ない日は摩擦を感じやすく膣内に違和感を覚えるかもしれません。

                                      そのような日の使用は避けるのが無難でしょう。

                                      漏れを気にせず楽しみたいプールや海などのレジャー場面や、運動中の使用もおすすめです。

                                       

                                      月経カップ

                                      月経カップ

                                        月経カップの特徴

                                          月経カップはシリコン素材でできた柔らかい生理用品です。

                                          タンポンと同様、膣内に挿入して使用します。

                                          日本ではまだまだ馴染みがない生理用品ですが、海外では広く使われています。

                                           

                                            月経カップの使い方

                                              月経カップの実物を見て、「こんなの膣内に入るの?」と驚く方もいると思います。

                                              月経カップはシリコンでできているので、小さく折りたたむことができます。

                                              折りたたんだ状態で膣に挿入し、経血をキャッチできるように装着します。

                                              慣れるまではなかなか難しくハードルが高いように思えるかもしれませんが、上手に装着できるようになると、異物感もなく快適です。

                                              使用後は丁寧に洗浄して、また繰り返し使用します。

                                               

                                                こんな時におすすめ

                                                  ナプキンで肌がむれてしまう人、ナプキン交換の煩わしさから解放されたい人におすすめです。

                                                  上手に装着できたら、生理を忘れてしまうほど快適に過ごせます。

                                                  ただ、慣れるまでは大変なので、自宅で装着の練習をすることをおすすめします。

                                                  布ナプキン同様、繰り返し使えるので、環境に優しいアイテムを選びたい人にもおすすめです。

                                                   

                                                  まとめ

                                                  今回は、整理用品の種類と選び方を詳しく解説しました。

                                                  まだまだ「生理用品=紙ナプキン」というイメージが根強いですが、現代のライフスタイルに合わせて新たな生理用品が広まりつつあります。

                                                  経血の量や、その日の予定・体調によって生理用品を選ぶようにしてください。

                                                  女性は、閉経まで生理とは長く付き合っていかなくてはいけません。

                                                  生理の憂鬱が少しでも軽くなるような、自分に合った生理用品を見つけてください。

                                                  Sweetcottonの製品一覧ページ

                                                  この記事にコメントする

                                                  コメントは公開前にチェックされます