男性だからこそ生理を知ろう!彼女が生理のときにしてあげられる7のこと

女性に毎月訪れる生理。男性からすればわからないことが多く、ケンカの原因になったり悩みの種になったりしているという方もいるのではないでしょうか?

「生理中の彼女といつも上手くいかなくて困っている…」

「彼女が生理のときに何をしてあげればいいのかわからない…」

そんな思いからこの記事を開いてくれたあなたは、きっと彼女にとって自慢の彼氏でしょうね!生理中の彼女と良好な関係を築くためには、あなたが今行動している通り生理について知ることがまず必要です。

ここでは、男性だからこそ知っておきたい生理について詳しくお話させていただきます。あなたがより素敵な男性になるためのお手伝いが出来れば幸いです。 

まずは生理について正しく知ろう!

まずは生理について正しく知ろう

あなたは女性の生理について正しく知っているでしょうか?

「毎月一回出血がある」「妊娠するために必要」という保健体育レベルの知識しか持ち合わせていないという人も、中にはいると思います。

女性の身体の中では、あなたが想像しているよりも大変なことが起こっています。まず初めに、基本的なことから正しい知識をつけていきましょう。

「生理中の彼女はイライラしてばかりで、どうにも優しくしてあげられない…」

という男性でも大丈夫です。生理について正しく理解すれば、おのずと優しさが生まれてくるはずですよ! 

生理とは

女性の身体の内部には4つの時期があります。

卵胞期、排卵期、黄体期、月経期です。わかりやすさを優先して例えるなら春夏秋冬といえるでしょう。これら女性の中の季節は卵胞ホルモンと黄体ホルモンによってリズムが作られ、約1カ月をサイクルとして繰り返されます。

卵胞期とは、卵巣の中にある原始卵胞(卵子のもと)が成長する時期のことです。発育に伴って卵胞ホルモンが分泌され、子宮内膜が少しずつ厚くなり始めます。子宮内膜は受精卵が着床する組織のことで、妊娠の成立に不可欠な役割を果たします。ホルモンが活発に働く春の時期ですから、心身ともに女性としての輝きが感じられるはずです。

その後にやってくるのが排卵期です。成熟した卵胞から卵子が排出されます。四季でいうと夏に当たり、エネルギーに満ちています。

排卵後の卵胞は黄体という組織に変化をします。黄体は黄体ホルモンを分泌し、子宮内膜をより厚くして妊娠に適した状態にします。これが黄体期です。女性が言う「生理前」がこの時期に当たり、秋に芸術性が満ち溢れるごとく感情が繊細になることも増えます。

妊娠が成立しなかった場合は卵胞ホルモン・黄体ホルモンが共に減少し、子宮内膜が剥がれ落ちます。剥がれた子宮内膜は血液と一緒に子宮口から排出されます。これが月経期、俗にいう生理です。冬に葉が落ちるように様々な影響が出る時期ではありますが、新しい春の訪れを待つ重要な期間であるといえます。

「想像より目まぐるしいな!」

と感じた男性も多いのではないでしょうか。そうなんです、しかもストレスなどによって正常に季節が巡らないこともあるなど、女性の身体は非常にデリケートなのです。 

生理の症状

生理によって引き起こされる症状は様々に存在します。

まず、代表的なものが身体的な不調です。下腹部痛、腰痛、頭痛などが起こり、人によっては立つこともままならないほどの痛みを感じることもあります。また、吐き気や下痢などの症状に悩まされる女性も多いです。これらには個人差がありますが、貧血を感じる女性は中でも多く、疲れやすさやだるさを伴います。強烈な眠気に襲われる女性もいます。

さらに、むくみや肌荒れ、髪の艶など外見にも影響を及ぼすことがあります。これらは黄体期(女性の秋)に引き起こされることが多く、気を付けていてもどうしようもない面もありますので、彼女の見た目が普段と違っていても指摘しないのが彼氏の優しさです。その代わり卵胞期(女性の春)の時期には肌や髪も潤いを取り戻しますので、どうせならそこまで我慢して、

「最近綺麗だね」

という誉め言葉にしてあげましょう。

また、精神的な不調も立派な生理の症状です。イライラや憂鬱などが代表的で、怒りっぽくなったり涙もろくなったりネガティブな思考を持ちやすくなったりします。集中力が散漫になることも知られていますね。私の場合は優柔不断になって物事が決められず、この時期にデートプランを任されることはとても苦痛です。

こちらも黄体期辺りから出始めることが多く、身体的な不調と合わせてPMS(月経前症候群)と呼ばれます。その中でも精神的な不調が強く現れる場合はPMDD(月経前不快気分障害)という用語が使われることもあり、多くの女性が同様の症状に苦しんでいることがわかります。

彼女と生理を共有しよう!

彼女と生理を共有しよう

生理中の女性があらゆる問題に悩まされていることがわかったと思います。

生理とは、女性が月に1度強いられている闘いです。生理は避けられず、辛く、そして乗り越えなければなりません。私は、あなたに生理中の彼女のセコンドについてもらいたいと思っています。敵に回るのではなく、客席にいるのでもなく、セコンドとして一緒に闘えば、必ず彼女の信頼や愛情を手に入れることが出来ます。

そこで必要になってくるのが、彼女との生理の共有です。生理には個人差があり、悩みは女性によってそれぞれだからです。そのため、彼女の生理事情を知ることがとても大切になってきます。

彼女のデリケートな話を聞くのに躊躇いがあるという男性もいるでしょう。そんなときは、「どういう辛さがあるのかわからないから」「もっと役に立てるようになりたいから」「生理のときでも大好きでいたいから」などと言って相談してみましょう。きっと彼女も生理を共有することに納得してくれるはずです。

彼女の生理の特徴

まずは彼女の生理の特徴について把握しておきましょう。月によって差がありますので毎回同じとは限りませんが、大体の女性が自分の生理の問題点を把握しているはずです。

身体的な症状はどういったものが出て、何が1番辛いのか。精神的な症状はあるのかどうか。言って欲しくないことやして欲しくないことなどのNGはあるか。これを共有しておくだけでもかなりケンカを回避することに役立ちます。

また、女性の中には「生理だからパートナーに側にいてもらいたい派」だけでなく、「生理のときは出来るだけ1人になりたい派」も存在します。これがどちらかによって対応は大きく変わりますので必ず聞いておきましょう。もしあなたの彼女が「1人になりたい派」だった場合は連絡の頻度なども事前に話し合っておくのがいいでしょう。

彼女の生理周期

その上で、彼女の生理周期も把握しておきましょう。

生理周期とは生理が始まってから次の生理までの日数のことで、一般的に25日から38日くらいとされています。毎回ぴったり生理が始まらなくても、6日程度の誤差であれば正常の範囲内です。

ただし、生活の変化やダイエットなど心身のストレスによって、妊娠の可能性がなくても生理が遅れることもあります。そんなときは焦らずに彼女のリラックスを促してあげてください。

生理周期を知っておくと彼女の体調を気遣ってあげられるタイミングがわかるので、共有アプリなどを利用することをおすすめします。日常生活だけでなく、温泉旅行などを企画するときにも役立ちますよ!

彼女の生理日数

最後に、彼女の生理日数についても聞いておきましょう。正常な日数は3日から7日とされていますが、ここで大切なのは生理日数による変化です。

どんな女性でも生理初日から終わりまで同じ症状が出る訳ではありません。PMSは何日前から現れるのか、体調が辛いのは何日目でそれはいつ終わるのか。これらのことを知っていれば、かけてあげる言葉も浮かびやすくなります。

1日目だから辛いよね、ゆっくり休んでね」

などのようにです。

また、外出が問題なくなるタイミングなどを知っておけばデートの予定も立てやすくなりますよ!  

彼女が生理のときにしてあげられる7のこと

彼女が生理のときにしてあげられる7のこと

知識を身に着け、彼女と生理を共有したあなたは、一般的な男性よりもいい男になっています。最後に、確実にいい男ランクで頭1つ抜け出るために、彼女が生理のときにしてあげられることについても考えておきましょう。

実は女性の中で「生理のときの対応が優しい男性」の評価は非常に高いです。彼との別れを考えている女性の恋愛相談でも、

「でも彼、生理のときに優しくしてくれるんだよね」

という言葉が出れば、

「それは逃がさない方がいいかもね…」

となることが多いです。生理中の対応力はそれくらいあなたの強みになります。

生理中に彼女を思いやることが出来れば、彼女はきっと何らかの形で思いやりを返してくれるはずです。また、あなたの優しさでPMSの症状が緩和されることもあります(実際私がそうでした)。是非、生理をきっかけとしてより彼女と素敵な関係になりましょう!

体調を聞いて優しい言葉をかけてあげる

「もうすぐ生理になりそう」「生理がきたよ」と彼女に報告をされたら、とりあえず体調を聞いて気遣ってあげましょう。

言葉が出てこないなら、

「大丈夫?」

「お腹痛くない?」

などでかまいません。優しい言葉をかけてもらえれば、その分だけ女性は安心します。

因みに私が今まで生理中にかけられた言葉で嬉しかったのは眠いと言ったときの、

「身体が休みたがってるんだね。ゆっくりおやすみ」

です。勿論、こちらどんどん使用してください。

デートプランを考え直してあげる

彼女の生理とデートの日程が重なってしまった場合は、デートプランを考え直してあげましょう。アクティブなデートは身体への負担が大きく、すぐにお手洗いに行きにくい場所であればストレスにも繋がります。

生理中のデートといえばお家デートが定番ですが、これも彼女の生理日数と体調に合わせて考えるといいでしょう。

例えば私の場合1日目2日目であれば必ずお家デートにしてもらっています。睡眠薬を盛られたのかと思うくらい強烈な眠気に襲われるからです。そのため必ずデートの中にお昼寝が組み込まれています。3日目以降であればカフェでまったりなど、アクティブ度の低い外出デートに切り替えます。気分によっても出来ることが変わりますので、臨機応変に対応する気持ちを持ってあげましょう。

因みに今まで私が嬉しかった生理中のデートは「4日目のアフタヌーンティーデート」「5日目の美術館デート」です。よければ参考にしてください。

情緒不安定を受け流してあげる

生理前、生理中の女性に気分障害が現れることは前述した通りです。これはホルモンバランスが影響しているため、彼女自身が気を付けたり生理後に反省したりしていたとしてもどうすることも出来ないという側面があります。

これに関して「許す」というのは難しいと思います。なのでせめて、出来るだけ「広い心で受け流す」ようにしてあげてください。どうしても彼女が突っかかってくる場合には、

「しんどいことあった?大丈夫?」

などと優しく聞いてあげると案外冷静になってくれる女性もいます。

性行為を我慢してあげる

これは絶対です。生理中の彼女に性行為を期待するのは辞めましょう。

シーツも汚れる心配があって集中出来ませんし、そもそも生理中は性欲を感じない女性も多いため、性交痛を引き起こすこともあります。

彼女から誘われた場合も出来るだけ断りましょう。生理中でも勿論妊娠のリスクは伴いますし、免疫力も低下するため感染症などにもかかりやすくなるためです。性行為での愛情は生理が終わってからたくさん伝えるようにしましょう。

「会いたい」という気持ちを伝えてあげる

これが彼女の心に1番刺さるかもしれません。

男性の中には「生理中の彼女とは会いたくない」と主張する方も一定数存在しているそうです。そのため「性行為が出来ないときは会ってもらえないのでは?」という不安を持っている女性も多かったりします。この傾向は特に10代後半から20代前半の女性にみられやすいですね。

彼女への愛情があるなら、必ず「生理中でも会いたい」という気持ちを伝えてあげましょう。あなたの誠実な態度は彼女の信頼に繋がっていきますよ。

マッサージをしてあげる

身体にだるさを感じている彼女なら、マッサージをしてあげるのも効果的です。身体がリラックスし血流がよくなるので生理痛が緩和することもあります。勿論、見返りを求めると一気に嫌われてしまいますのでご注意を。

マッサージはちょっと…という男性であれば、お腹に手をあててあげるだけでもいいかもしれません。生理中の女性はとても冷えやすいので、温めてもらえるだけでも症状が和らぎます。また、精神的にも安心感を与えてあげることが出来ますよ!

ちょっとしたプレゼントをしてあげる

勿論これは、生理のたびにする必要はありません。それも、本当にちょっとしたものでいいのです。例えば彼女の家に行く前に、

「何か欲しいものはある?」

と聞いてみる、これだけでいいのです。それだけで彼女にはあなたへの感謝が沸き上がり、生理中でも大事にしてくれるあなたを思いやる気持ちが生まれます。

「それくらいはしている!」

というあなたなら、例えば腹巻やカイロなど、身体を温めるグッズをプレゼントしてみるのはいかがでしょう。もしも彼女が紙ナプキンを利用していてかぶれなどの肌トラブルに見舞われているのなら、肌に優しいクリームや布ナプキンをプレゼントしてみるのもおすすめですよ!

彼女の生理に向き合える男性になろう!

彼女の生理に向き合える男性になろう

生理をきっかけとしてすれ違ってしまうカップルはとても多いです。しかし、これを読んだあなたはそんな不安を解消することが出来たでしょう。実践すればその分だけ仲のいいカップルになれることは、私が保証します!

生理は女性にとって非常に大切なものです。目を背けるのではなくしっかりと向き合って、彼女の心と身体をいたわってあげてください。

そしてもしも周りに彼女とケンカばかりしている男友達がいたとしたら、是非生理への理解を促してあげてくださいね。

Sweetcottonの製品一覧ページ

この記事にコメントする

コメントは公開前にチェックされます