PMSの対処法は?症状を理解して生理前を快適に過ごそう

生理前の体と心の不調。それはPMS(月経前症候群)の症状かもしれません。

 熱や胸の張り、憂鬱な気分など人に症状もツラさも期間も人によって様々で、話してみてもなかなか周囲に理解してもらえないことも。

 月に何日かやってくるこのイヤな気分に、毎日を壊されたくないですよね。

わたしは周りの人にきちんと伝えることで、以前に比べいくらか生理期間中を気楽に過ごせるようになってきました。

今回は生理前や生理期間中を快適に過ごすためにPMSとどうやって向き合って行こうか、対処法を探ってみました。

心と体に不調をきたすPMS

PMSとは、生理前に起こる心と体の不調のこと。

公益社団法人 日本産科婦人科学会のウェブサイトには、以下のように記載されています。 

月経前、3〜10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。

引用:公益社団法人 日本産科婦人科学会

症状や期間、軽度は人によって様々。生理がはじまるとその症状が落ち着いてくるのも特徴のひとつです。

人によって現れる症状が異なる

 症状

PMSといえど症状はひとつだけではありません。人によっては生理のたびに異なる症状が表れることもあり、その数200種類以上のぼると言われています。

ココロの不調(精神的症状)

イライラする、泣きたくなる、ぼーっとする、怒りっぽい、情緒不安定になる、憂鬱な気分になる、落ち着かない、いつも張りつめた気分になる、家族や身近な人にやつあたりしてしまう、集中できない

カラダの不調(身体的症状)

乳房のはり・痛み、肌あれ・にきび、体重増加、下腹部のはり、眠気または不眠、疲れ・だるさ、頭痛・頭の重い感じ、腹痛、むくみ、のぼせ

引用:知ろう、治そう、PMS

わたしは身体的なものだと普段では考えられないほどの食欲や胸の張り、下腹部の痛みがあります。何よりも悩まされているのは心の症状で、「この世でわたしの味方してくれる人なんて誰もいないんだ……」と孤独感に襲われたり、激しい怒りを身近な人たちにぶつけてしまったりと、気分の浮き沈みが激しくなります。

この状態を調べているうちにPMSについて知り、どのように向き合っていくべきか考えるきっかけとなりました。

生理期間前に起こるのがほとんど

PMSは前述の通り、生理開始前の3〜10日前の期間に症状が見られます。

わたしはだいたい生理予定日の1週間前から胸が張り、歩いて少し揺れるだけでもズシと重さを感じます。

胸の違和感は生理が始まると徐々に和らいでいきますが、気分の浮き沈みに関しては生理中もしばらく続きます。家族や友人に声を荒げてしまったり、また、声を荒げてしまったことで自己嫌悪に陥ります。 

ここで注意しておきたいのは、似た症状だとしてもPMSではない疾患の可能性があるということ。症状と周期が合っていない場合は、月経困難症やPMDD(月経不快気分障害)、更年期障害など別の疾患である可能性もあるので、少しでも思い当たる方は、婦人科の受診をおすすめします。

PMSと上手に付き合う

 対処法

これからも月に数日やってくる憂鬱な日々を少しでも気楽に過ごすためには、日々のセルフケアや休息が役立ます。 

ここで紹介するのはあくまでも一例です。自分に合った解決法やリラックスできる方法で上手に付き合っていきましょう。

また、症状がひどい場合はセルフケアだけに頼らず医療機関へ相談を。

規則正しい生活を送る

 規則正しい生活

乱れた生活は体の免疫力を低下させ、PMSなど体の不調の原因となります。

バランスの良い食事や適度な運動、アルコール・塩分・カフェインの過剰摂取を控える、太陽光を浴びるなど普段から規則正しい生活を送ることを心がけましょう。

また、血行の流れが悪くなると生理痛が悪化してしまいます。1枚上から羽織ったり、温かい飲み物や食べ物をとって体を温めておくことも大切です。

生理用品を見直す

 

わたしは普段よりも肌が敏感になり、紙ナプキンで肌のかぶれやムレが気になることがあります。常にデリケートな部分に触れているので、少しの違和感でもストレスになります。

 自分にあった生理用品を選ぶのも生理期間を快適に過ごすポイントです。

一般的に広まっている紙ナプキンやタンポンの他にも、肌触りが良い布ナプキン、漏れの不安がない吸水ショーツ、運動時も使える月経カップに関する情報もよく目にするようになってきました。

それぞれにメリット・デメリットがあると思うので、試しながらわたしに合ったものを見つけたいです。

リラックスする

精神的に弱ったり怒りに駆られたときは、気分を落ち着かせるためにスローテンポな音楽を聴きながら体をあたためて、ゆっくり過ごしています。

わたしの場合、机の上にたまっている業務や彼の小言など爆発しそうなストレスの種を全て忘れて無になります。

気分の波が激しいタイミングで自分自身と向き合ってしまうと、自己嫌悪や孤独感に陥ってしまうことがあるので、なにも考えないようにしています。

カフェイン量の少ないハーブティーやココア、ホット豆乳を飲むのも良いそうです。温かいものを飲んでホッとする安心感と血行をよくする効果があるようです。

薬を飲む

頭痛や腰痛は鎮痛剤、精神的に不安があるときは精神安定剤など症状に合わせて薬を飲むのも選択肢のひとつです。ドラッグストアで購入できるPMSのための薬もあります。

病院で診てもらい、自分の症状に合った薬を処方してもらうのが良いかもしれません。

周囲に正直に伝える

PMSによって、仕事や勉強、旅行に行けなかったりと生活に支障が出ることもあると思います。

わたしは恥ずかしさが勝ってしまい、誰にも言えないまま苦痛に耐えながらいつも通り振る舞っていました。

しかし、集中できずに仕事の進捗が悪くなってしまったり、身近な人に八つ当たりしてしまったりと生理前にうまくいかないことがありました。

周囲に自分の状態を言わないことで却って周りに迷惑をかける結果となってしまったので、わたしは友人や彼氏、上司にどのようなことで苦しんでいるのか、どういった行動が難しいのか誠実に伝えることにしました。

PMSに限りませんが、自分がどのような状態なのかわからないと、相手も理解できないままの平行線を辿っていく一方です。 

特に生理に馴染みのない男性には、どのくらい痛みがあるのか、どのような感情になってしまうのかわからず、「生理って辛いらしい」「なぜか八つ当たりされた」としか感じていないかもしれません。 

生理について話すのは勇気がいりますが、わたしにとっても相手にとっても快適に過ごすために必要な一歩だったと思います。

生理の理解を深めて上手に付き合う

 理解を深める

わたしは生理にともなう心や体の不調は仕方のないものだ、もっとひどい人もいるはずだと思い、話してはいけないものだと耐えて過ごしていました。

でも、これからもやってくるものなので、わたしのためにも生理やPMSについて理解を深めて上手に付き合っていきたいなと思います。

PMSの症状が表れたときには自分に合った対処法を見つけ、生理前は無理せず自分を大切にする期間に徹しましょう。

症状がひどい場合は、迷わず医師へ相談することがおすすめです。

この記事にコメントする

コメントは公開前にチェックされます