【布ナプキンの使い方と洗い方】購入後の予備洗いから使用後のお手入れまでを分かりやすく解説!

この記事を読んでいるあなたは、布ナプキンの購入を本格的に検討されている、またはそもそも布ナプキンって何?と思っている方のどちらかだと思います。


まず初めに布ナプキンがどのようなものなのか知りたい方は、こちらの「布ナプキンってなに?」をご覧ください。Sweetcottonが展開している布ナプキンの特徴をご紹介しています。


そして、布ナプキンをこれから使おうと考えているあなたには、購入後の準備から使用後のお手入れまで、このページで詳しく紹介していきます。準備はいいですか?

 購入後、まずは予備洗い

商品の購入後、布ナプキンがお家に届いたらまずやっていただきたいことがあります。「予備洗い」です。一度洗ってから使っていただくと吸収と肌触りがよくなるのでおすすめです。予備洗いの手順は、使用済みナプキンのお手入れ方法を参考にしてください。

 布ナプキンを取り付ける

布ナプキンの取り付け方

予備洗いをして実際に生理がきたら、ショーツに布ナプキンを取り付けましょう。取り付け方は簡単で、商品の中央部分の両側にボタンがついているので、肌面を間違えないようにショーツに取り付けてください(肌面ではない方の柄面にはSweetcottonのタグが付いています!)。

パッドの取り付け方

量が多い日は、数回布ナプキンを取り換えるか、セットのパッドを使用してください。パッドは布ナプキンの柄面にあるゴムを肌面のほうに返し、肌面の上に固定しましょう。

使用済みナプキンを持ち歩く

外出時に使用済みの布ナプキンやパッドを持ち歩く場合は、ジップ付きの密閉できるポーチが必要になります。そのまま入れても問題ありませんが、携帯用のスプレー容器等に水やアルカリウォッシュ水溶液 (または重曹水)を入れて持っておき、使用済みの布ナプキンやパッドが乾かないようにすると、お手入れの際に経血が落ちやすくなります。

お手入れをする

使用済みの布ナプキンのお手入れは、「①予備洗い」「②つけ置き」「③すすぎ」「④乾燥」の順に行います。

①予備洗い

使用済みの布ナプキンは、さっと水洗いをし経血をある程度落としましょう。この時、石鹸などを使っても問題ありません。ゴシゴシ洗うと傷んでしまうので、優しく洗ってください。

②つけ置き

予備洗いが終わったら、バケツに水をはりアルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)を1リットルに対して約5g~10gの適量入れ、布ナプキンをつけ置きします。目安はだいたい12時間~24時間くらいです。お好みのエッセンシャルオイルを数滴入れると殺菌、におい対策にもなります。

アルカリウォッシュがない場合は、水やぬるま湯でも問題ありませんが、40度以上のお湯で洗うと血液が凝固してしまうので注意しましょう。

③すすぎ

つけ置きが終わったら軽くもみ洗いしてすすぎます。洗濯機でもう1度水洗いしても構いませんが、その場合は傷まないようにネットに入れて洗ってください。また、柔軟剤や蛍光漂白剤入りの洗剤で洗うと、風合いや吸収力に影響が出るので避けてください。乾燥機の使用も、縮む可能性があるのでNGです。

④乾燥

すすぎが終わったら、しっかりと脱水をした上で形を整えて乾かしましょう。生地が変色する場合がありますが、天日干しをすると殺菌作用もあり衛生的です。

いかがだったでしょうか。使い方や洗い方について理解いただけたでしょうか。分かりづらい点がありましたら、この記事にコメントを残していただけると、後日回答させて頂きます。

布ナプキンは使い捨てナプキンとは異なり、お手入れが必要なので面倒だと思われる方も多いと思いますが、快適性は抜群で一度使うとやめられなくなります。皆さんも、正しい使い方と洗い方を学び、布ナプキンで快適な生理体験を手に入れてみてはいかがでしょうか。

Sweetcottonの製品一覧ページ

この記事にコメントする

コメントは公開前にチェックされます